人気ブログランキング |

Mi-yan’s PHOTO LIFE blog [VERTEBRATA]

miyanimal.exblog.jp

<   2014年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

期待のカメラとレンズ

Photokina2014に合わせ、様々なカメラ・レンズが発表になりましたが、個人的に気になるものについて。

まずは、EOS 7D Mark2。初代 EOS 7D を発売日に購入した自分にとって待ちに待った新機種。
特に10fpsの連写、オールクロス65点AF、EOS iTR AF が野鳥と動物の撮影にぴったりな機能です。
また、初代の最大の欠点である高感度耐性の低さが改善されているかが気になるところですが、センサーは70Dと違い新開発らしいので期待大。7Dから進化しDIGIC6の処理能力も相まって最低でも2段分は実用的になっているはず。

ただ残念に思うのが、動体に特化したボディのはずなのにGN11の内蔵ストロボは必要だったのか?というところ。
どうせならWi-Fiを載せて欲しかった。(ボディの素材のせいで見送ったらしいけど)


レンズではシグマの SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Sports/Contemporary の二本と、オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO が気になります。
シグマのレンズは、事前の噂は300mm~のズームを期待させるものだったが、実際に発表されたのは150-600mmを2種類のラインで発売するというもの。
性能重視のSportsラインとコストパフォーマンス重視のContemporaryライン。
ただ、SIGMA 120-300mm F2.8 DG OS HSM Sports がすでに手元にあるので、x1.4テレコンかx2.0テレコンもリニューアルされるので、こちらで済ませられそう。Sportsラインが2kg以下なら購入検討しただろうが、2.6kgではちょっとつらい。
600mmの焦点距離を手持ちで撮影しようとするのが間違いなのかもしれないけれど。

手持ちでは軽量なレンズがありがたいので、M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO は予約済み。
AF速度・追従性が7D Mark2にどこまで迫れるか。動体に特化した7D Mark2 に並ぶことは難しいだろうが、実用的な性能なら全然問題ないのでE-M1には期待している。
後は、M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4 PRO が発売されれば、マイクロフォーサーズでの野鳥撮影用のシステムが揃うので来年も楽しみ。
もう防湿庫はいっぱいなので、レンズとボディを処分しないといけないのが辛いところ。


by miyan_animal | 2014-09-27 12:20 | カメラ・レンズ

仲良くケンカしな - DOGS #004

f0334645_16585066.jpg
f0334645_16585090.jpg
f0334645_16585094.jpg
f0334645_16585049.jpg
f0334645_16585085.jpg

by miyan_animal | 2014-09-22 17:00 |